Management tool for daily life performance

MTDLP

お知らせ


最新の情報がありましたらこちらでお知らせいたします。


群馬県作業療法士会会員数 778

基礎研修修了者           312
実践者   37

指導者数 

 3

OT協会事例登録数 

3例

 

生活行為の障害と生活行為向上マネジメント


 高齢化社会を迎える中で高齢者が尊厳を保ちながら、住み慣れた地域で自立した生活をおくることができるよう、医療、介護、予防、住まい及び生活支援サービスが、日常生活の場で切れ目なく提供できる地域包括ケアシステムの構築が急務となっています。

対象者の自立した生活を制限する因子として生活行為の障害が挙げられます。生活行為とは人が生きていく上で営まれる生活全般の行為でセルフケアを維持していくための日常生活活動(ADL)のほか、生活を維持する手段的日常生活活動(IADL)、仕事や趣味、余暇活動などの行為すべてが含まれます。私たちの生活は生活行為の連続で成り立ち、そのサイクルの中で、私たちは健康を維持・増進しています。生活行為の障害は病気や老化による心身機能の低下や生活上の悪習慣、対人関係の悪化、生活環境の変化などによって引き起こされ、セルフケアの制限・社会参加の制限など各種活動遂行を阻害し、生活範囲の狭小化や生活意欲の低下を招きQOLの低下につながるといわれています。

生活行為向上マネジメント(Management tool for daily life performanceMTDLP)は作業療法や作業療法士が対象者の地域生活を支援するために開発されたマネージメントツールです。すべての作業療法士がMTDLPを活用し、地域包括ケアに貢献できるよう、群馬県作業療法士会では日本作業療法士会と連携を取りながら研修会・事例検討会・情報交換会などの事業を推進していきます。


生活行為向上マネジメント研修課程




参考となる書籍


生活行為向上

マネジメント

 

日本作業療法士協会マニュアル

“作業”の捉え方と評価・支援技術

生活行為の自律に向けたマネジメント

日本作業療法士協会


認知症高齢者に対する作業療法の手引き(改訂版)


日本作業療法士協会